読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の夜・食事・絶景!HighPrice&Quality!G1ホテルS

「お金はあるよ。旅行も大好き。でもいくら払ってもいままで満足できるホテルに出会えなかった…」そんなアナタにピッタリの「G1ホテルS」。絶景・美食・最高の夜が叶う国内G1級の宿・ホテルをお届けします!

5段階評価で4.71ってヤバくないですか?ジ・アッタテラス クラブタワーズ(1)

ここのところ「地域密着」を中心にコスパのいいG1ホテルをご紹介してきましたが

今回は原点回帰。

 

ラグジュアリー。高級感。

この2つを併せ持つホテルを取り上げます。

 

久々に沖縄を取り上げます。

観光立国として地位を確立したい日本ですが、アジアのハブ空港の役割は韓国のインチョンに持っていかれつつあるのが現状。

何度も使っていますが、インチョン自体は以前の金浦よりも交通弁は悪い。

それでもハブの役割を担えているわけですから、日本も巻き返さないといけない。

 

つい最近、オーストリア航空が30年近い日本就航の歴史に幕を閉じたばかりです。

そういう意味でも、日本の魅力を取り戻す、あるいは再確認してもらう、という意味でも、国内旅行から始めてもらいたい、という趣旨もあって今回改めて沖縄に注目してみました。

 

横道にそれそうなので、早速交通弁からまず見ておきましょうか。

 

〒904-0402沖縄県国頭郡恩納村安富祖1079

那覇空港より車で75分。

全78室。

 

という構成で、これだけ見ると「ありきたりな沖縄のリゾートホテルよね?」と思われるかもしれません。

 

クラブタワーズ含め、ザ・テラスホテルズグループが運営しているホテルには首尾一貫してポリシーがあるんですね。

 

シンプルにまとめると「リゾートの真価」を提供する、というもの。

リゾートの真価とは何なのか。

 

 くわしくはこちらにポリシーが載っていますので、ご一読ください。

traかnvel.rakuten.co.jp

 

提供しているお部屋は全室52平方メートル以上。

最高級のテラススイートは東シナ海を一望できる100平方メートル以上のお部屋です。

お部屋の写真含め、イメージはこちらで確認できます。

 

travel.rakuten.co.jp

 

次回は5段階評価で4.71という絶大な評価を受けている秘密に迫ります。

写真からはわからない、さらなる魅力について取り上げますのでぜひお付き合いください。

 

とはいえ・・・

 

シルバーウィークは来週だよ!

待ってられるかよ!

というあなたはこちらから宿泊プランをご確認ください。

ジ・アッタテラス クラブタワーズ