読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の夜・食事・絶景!HighPrice&Quality!G1ホテルS

「お金はあるよ。旅行も大好き。でもいくら払ってもいままで満足できるホテルに出会えなかった…」そんなアナタにピッタリの「G1ホテルS」。絶景・美食・最高の夜が叶う国内G1級の宿・ホテルをお届けします!

自転車で都内を疾走!銭湯も5つから選べる谷中を堪能せよ!hanare(2)

まち全体がホテル。

この発想は、hanare以外にも多数ありますし、これまで紹介もしてきました。

ですが、首都圏、しかも都心まですぐの立地でこの理念はかなり難しい話。

 

ホテルにいると、たいていはユニットバスのお世話になることが多いかと思います。

ですが、hanareが提供するのは、まちと一体というスタンスからもわかるように、地元の銭湯。

 

とはいえ、谷中に詳しい人ならいいですが、右往左往しているうちに汗だくだく、なんてことにならないように、フロントでは上野界隈を楽しめるオリジナルマップ、そして銭湯チケットももらえます。

 

古きよき時代には、お子さんと一緒に銭湯に行った、あるいは逆に自分が小さいころに銭湯に連れて行ってもらった、という思い出があります。

今の子供たちには同じ思い出はなかなかないのではないか。

徒歩圏内に5つも銭湯がありますので、好きなところでゆったり日ごろの疲れを取れますよ!

 

参考までにhanareで提供している水回りは共同のシャワーとトイレのみ。

これを「ちゃちい」ととるか「ほお、面白いじゃないか」ととるかは人によりけりですが、わたしは後者。

 

そして都内の魅力は「ちゃりんこで走り回れる距離にたくさん面白い地域がある」というところ。

電車移動でもタクシー移動でもいいんでしょうが、自転車で都心を疾走、という経験は非現実としては悪くない選択肢。

hanareの近くには「tokyobike」というレンタサイクルがありますので、気軽にレンタルが可能です。

 

谷中のオススメスポットについてはRetoripのこのサイトが詳しく、また面白いのでぜひ一度お読みください。

retrip.jp

奇しくも「こち亀」の連載がついに終了というニュースが入った2016年。

改めて下町のよさを実感できるhanare。

プランはこちらからご確認ください。

hanare