読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の夜・食事・絶景!HighPrice&Quality!G1ホテルS

「お金はあるよ。旅行も大好き。でもいくら払ってもいままで満足できるホテルに出会えなかった…」そんなアナタにピッタリの「G1ホテルS」。絶景・美食・最高の夜が叶う国内G1級の宿・ホテルをお届けします!

東京の下町に溶け込む。ストイックながらも昭和を感じるお宿・hanare(1)

前回に引き続き、今回もTokyoを取り上げます。

今記事を書いているのが2016年9月8日。

まもなく夏休み明けすぐになるシルバーウィークが始まります。

とはいえ飛び石になる今年。

海外はちょっと・・・

国内でも遠出すると翌日からのビジネスが・・・

というあなたに今回オススメしたいのが文字通り「離れ」。

 

まずは交通弁から確認していきましょう。

東京都台東区谷中3-10-25

全5室。

日暮里駅より徒歩5分。

最近は9000円前後から予約が可能。

 

カフェや受付のあるHAGISOと木造アパート丸越荘を改修した5室の客室棟を軸に先頭や商店街など谷中の町全体をホテルとして捉えた宿です。

 

谷中といえばノスタルジックな雰囲気が漂う東京の下町。

日ごろ都心で過ごす、あるいは商談・ビジネスをされている方からすれば日ごろご縁がない地域。

都内は静かなところとにぎやかなところの落差が激しい、というのがわたしの印象。

新宿ひとつとっても、少し西新宿の奥に行くと喧騒が途絶えます。

 

そういった意味で、都内、かつ都心から少し外れた地域でのリフレッシュができる。

かつ、谷中という立地にも大きなメリットがあるんですね。

 

下町の風情。

近年は洗練されたアートスポットも誕生。

路地や坂路、桜並木に商店街と、古きよき日本が生きている数少ない都内の一画です。

これまでおそらく「旅行」「宿泊」というキーワードは谷中・上野地域に使うことは少なかったはずですが、新たなトレンドとなる可能性を秘めています。

 

気になる5室、周辺の写真などはこちらでご確認ください。

 バタくさい、と思うかもしれません。

が、東京でこのようなクオリティで泊まれる場所、ほんとに少なくなりました。

travel.rakuten.co.jp

 

次回は東京の下町に泊まる、ということについてさらに掘り下げて考えていきます。

旅行の選択肢になかった、考えもしなかった、というあなたにぜひ一緒に考えてもらいたい内容です。

次回もお楽しみに!

 

一足先に「hanare」を知りたい!というあなたはぜひプランを確認してみてください。気軽に電車でも行けるお宿です。G1ホテルにしては格安といえるプランがそろっています。

プランはこちらからご確認ください→hanare