読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の夜・食事・絶景!HighPrice&Quality!G1ホテルS

「お金はあるよ。旅行も大好き。でもいくら払ってもいままで満足できるホテルに出会えなかった…」そんなアナタにピッタリの「G1ホテルS」。絶景・美食・最高の夜が叶う国内G1級の宿・ホテルをお届けします!

オープン4ヶ月でリピーターがいるホテル!葵 HOTEL KYOTO(1)

ついにといいますか、この都道府県のご紹介に入ります。

 

そう、日本の古都・京都です。

そして、歴史・情緒あふれる京都の第一回にふさわしいホテルをピックアップしました。

 

葵 HOTEL KYOTO。

葵といえば徳川家の家紋でもあります。

京都といえば京都守護代松平容保、そして新撰組、さらに坂本竜馬暗殺など徳川家とご縁が深い土地柄。

松平といえば徳川の血統です。

 

と歴史談義になりそうなので、このへんでとどめまして・・・

 

まずは交通弁から確認しておきましょう。

 

京都府京都市下京区木屋町通仏光寺上る天王町146

四条河原町に近く、街中のどこに出かけるにも便利な立地。

阪急京都線河原町駅京阪本線祇園四条駅から徒歩5分。

 

全6室

1室2名利用で14000円~

 

G1ホテルにしては格安といえる価格設定ですが、おもてなし・クオリティはしっかりG1級ですのでご安心ください。

 

京都といえば最近流行りなのが「一棟貸し」。

町屋宿が主流になった京都の中でも2015年3月20日オープンとまだまだ若手のホテル。

この記事を書いている時点でまだ4ヶ月です。

 

夏は暑く冬は冷えるのが盆地の京都の定めといえますが、冬は床暖房完備。

 そして何よりG1ホテルにふさわしい、かつ、日本各地のホテルがやれそうでやれないのがコレ。

 

靴を脱ぐ。

 

そう、自宅では当たり前ですがホテルではスリッパに履き替えるくらい。

旅館はともかく、基本的にはだしでは歩かないのがホテルといえます。

 

オープンしたての新築4階建てのホテルには、中村外二工務店の数奇屋空間、デザイナーズチェア、骨董といった具合に1部屋ごとに趣向を変えています。

選び抜かれた家具、調度品をの絶妙なバランスが光るお部屋です。

 

広い部屋には2つのトイレ、贅沢にカラダを包み込んでくれるソファー、オーガニックコットンのパジャマ、ミニマムキッチンと備品、さらに部屋ごとに乾燥機つきの洗濯機まで用意されています。

 

1泊2日レベルで滞在するのではなく、長期で泊まるのに適したホテル。

そして、何よりすごいのがオープンして4ヶ月なのに早くもリピート率が高くなっていること。

 

「泊まる」というより「暮らす」という感覚が、京都という土地柄とマッチしているともいえます。

 

と、文字で語ってもなかなかイメージがわかないと思いますので、部屋、外観などさっそくご確認ください。

外観がまるで金閣寺なのでびっくりすると思いますよ!

 

travel.rakuten.co.jp

 

次回は気になる「食事」を中心に触れたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「オープン半年も経ってないのにリピーターがいるならちんたら記事読んでる場合じゃないだろ!」

というせっかちなあなたはこちらでプラン等確認できます。

葵 HOTEL KYOTO