読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の夜・食事・絶景!HighPrice&Quality!G1ホテルS

「お金はあるよ。旅行も大好き。でもいくら払ってもいままで満足できるホテルに出会えなかった…」そんなアナタにピッタリの「G1ホテルS」。絶景・美食・最高の夜が叶う国内G1級の宿・ホテルをお届けします!

八戸港から直送の海の幸。南部藩から続く昭和レトロな歴史あるお宿・おぼない(1)

今回は「食」にやや重点を置いたG1ホテルをお届けします。

東北よりお届けです。

 

座敷わらしでおなじみの金田一温泉郷にある「岩手の名湯 侍の湯 おぼない」。

 

焼きたての鮎

プリップリのお刺身

手間隙かけた塩カレイ

 

お隣青森県八戸港から直送している新鮮な海の幸を最高の調理で仕上げます。

 

それもそのはず、このお宿、お魚屋さんが運営しているんです。

つまり魚>肉、で楽しむお宿。

 

日ごろ、カロリーの高い昼飯・夕飯で、たまにはおいしい魚で一杯、というあなたにはササるお宿。

ご家庭ではお肉は調理しやすいですが、生魚、また一工夫必要な魚料理は案外難しいもの。

そういった意味で、日ごろ苦労をかけている奥様、お母さんにぜひこのお宿で癒されてもらいたいものです。

 

さっそく交通弁から見ていきましょう。

 

〒028-5711岩手県二戸市金田一湯田43-5

金田一温泉駅よりバスで約7分

 

駐車場も予約不要で30台分ありますので、お車でも十分行けます。

 

売りはこのようになっています。

 

(1)女将・若女将のお出迎え・おもてなしがすばらしすぎます。

(2)とにかく魚が美味しい!朝ごはんも手が込んでおり、かなり力入ってます。

(3)金田一温泉郷には数々お宿がありますが、「またここに泊まりたい」率が尋常ではありません!

 

本日は(1)(3)について触れます。

お客様対応というのは、どの業界であれ難しいもの。

クレームを言う方ならまだしも、何も言わずに二度と来ない・行かない、という方がほとんどなのが旅行ではないでしょうか。

 

そういった意味でぜひお読みいただきたいのが「お客様の声」。

すべての声に対して、宿から返答・コメント返しがあります。

若女将について触れている箇所がかなり多いですので、お読みいただいたら、これはぜひ予約してナマで体験してもらいたい。

travel.rakuten.co.jp

 

次回は注目の魚・魚介類についてと、お部屋の様子などをごらんいただきます。

「おいおいGWまで日がないんだよ!早く教えろ!」

という悲鳴が聞こえてきそうなので、こちらからご確認ください。

確かに本日は2017年4月12日。

ゴールデンウィークまであまりないですね日程が。


 

源泉露天風呂つきスイートルーム・旬の蟹・魚介類食べ放題もあり!登別発・ホテルまほろば(2)

昨日に引き続いて、登別温泉の「ホテルまほろば」を取り上げます。

お風呂・温泉については前回記事をご参照ください。

 

今回は後編ということで、ホテルの推しでもある2点についてみていきましょう。

まずはお食事。

 北海道ということで、旬のものをその時期に食べられればおいしいことは自明の理。

もちろん季節をはずしたら味も品質もdownするわけですが、さきほどたまたまホテルのチェックをしていたら・・・

24時間以内に45組がご予約されました」と。。。おいおい。

ゴールデンウィークが近いとはいえ、この記事を書いているのは平日の水曜日・木曜日。

バイキングも選べますし、じっくりと味わうことも可能です。

詳しくはこちらからご確認ください。

travel.rakuten.co.jp

 

続いて、お部屋です。

「ただただのんびり過ごしてほしい」というスタンスです。

源泉露天風呂つきスイートルームもあります。

みんなでワイワイ、というのも温泉の醍醐味ですが、のんびり2人きり、あるいは1人で羽を伸ばしたい、という人にはうってつけの環境が整いました。

お子さんを連れて、というのも悪くはないですが、夫婦で、あるいは彼氏・彼女など、2人で行くのがいいかと個人的には思います。

 

夏の北海道も快適ですが、4,5月の北海道もかなり過ごしやすい陽気です。

検討の余地ありですよ。

気になる価格帯ですが、1人あたり13000円程度から宿泊可能です。

北海道はシーズンしだいでお値段の変動が激しいので、お安い時期に、と言いたいところですが、北海道を堪能できる季節にせっかくなら行くほうが、結局はコストがかからないとは思います。

詳しくはこちらからご確認ください。