読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の夜・食事・絶景!HighPrice&Quality!G1ホテルS

「お金はあるよ。旅行も大好き。でもいくら払ってもいままで満足できるホテルに出会えなかった…」そんなアナタにピッタリの「G1ホテルS」。絶景・美食・最高の夜が叶う国内G1級の宿・ホテルをお届けします!

自家製シーサー・八重山みんさーを作れます!ホテルイーストチャイナシー(2)

沖縄県

今回は前回予告どおり、石垣島発のホテルイーストチャイナシーならではの企画についてみていきます。

 

いずれも本土ではほぼ経験できないものばかりです。

 

三線体験

・シーサー作り体験

八重山みんさー織体験

 

特に三線は、1時間程度素人でも練習すれば1曲ひけるようになります。

独特のメロディを奏でますので、大人も子供も魅了されるはず。

シーサーはお土産、というイメージが強いかもしれませんが、実は自分で作ることができるんです!

オリジナルの表情のシーサーを作って、自宅に飾るというのも楽しいですよ!

 

そして八重山みんさーは知られていませんが、大事な人へのプレゼント、という意味で、昭和でいえば手編みのセーターのようなイメージ。

いろんな意味で「あったかいんだからあ♪」という気持ちもあわせて伝えられる一品を自分の手で一から作ることができます。

 

旅先で豪華な食事ももちろん大事な要素の1つですが、旅先でしか味わえない経験・体験を、できればご自身含め、これからの世代を担うお子さんに、ぜひ体験させていただけたらと思います。

 

詳細はこちらからご確認ください。

travel.rakuten.co.jp

 

そして前回記事でお伝えしたとおりですが、石垣島、という立地も手伝ってか、このオーシャンビューも含めるとありえない価格設定です。 

沖縄といえば本土で暮らすわたしたちからすれば春夏秋冬、いつ行っても暖かい。

そういう意味で季節問わない観光地。

石垣島も候補地の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

 

お部屋から港が見える。エメラルドグリーンの海を見ながら朝食を。ホテルイーストチャイナシー(1)

沖縄県

今回は沖縄県のカテゴリーではありますが、「石垣島」にあるG1ホテル。

石垣島といえばオリックスのキャンプ地のイメージもありますが、本土とはまた違った雰囲気が楽しめます。

 

今回取り上げるホテルは「ホテルイーストチャイナシー」。

英語になってますが、東シナ海、ってところです。

楽天トラベルアワードで沖縄部門で銀賞を獲得したこともあるホテル。

 

まずは交通弁から見ていきましょう。

〒907-0012沖縄県石垣市美崎町2-8

新石垣空港よりお車で約30分。路線バスの場合は(35~50分)「バスターミナル」下車→徒歩2分

 

個人的にはレンタカーを借りたほうが島を廻れますのでオトクかなとは思います。

 

売りはこのようになっています。

1.地元の食材をふんだんに生かした和洋両方の朝食バイキング。

2.全室オーシャンビュー&港が見える絶景。

3.このホテルならではの丸秘企画。特にお子さん連れのあなたならササりますよ!

 

今回は、1.2.について見ていきます。

まずは朝食から。楽天トラベルより引用。

f:id:ssshoper:20170322213858p:plain

とにかく海がキレイ。

そしてそんな海で取れる魚介類含め、新鮮な食材が朝から食べ放題です。

 

続いてお部屋の確認を。

バリアフリールームもありますので、足元が不自由なご両親をお連れになってもいやな思いをすることなく、宿泊を楽しめます。

ただ唯一欠点なのは全室オーシャンビューの売りではありますが、バリアフリールームだけは海が見えないことです。

くわしくはこちらをご確認ください。

travel.rakuten.co.jp

 

第二弾はまた後日お伝えしますが、この記事を書いているのがたまたま水曜日。

 

とはいえ、ホテルのサイトを見ていると、「○○人が見ています」「○○人の予約が入りました」といった更新がけっこう頻繁。

 

そういった意味では、空いている日を確実にしとめてゆっくり後から読むよ、というあなたはこちらからプランetcチェックしてみてください。

 

一泊おひとりあたり1万円以下で宿泊可能なお部屋も多いので、臨機応変に対応できますよ。